面接でやっていい事(いけない事)

要約

面接に行く前に、面接でやっていい事といけない事を勉強しておきましょう。

  • 面接官と会う前に、企業のウェブサイトを見て勉強しておきましょう。
  • 面接開始時間の5分~10分前には面接会場に到着しておきましょう。早過ぎるのもだめですが、遅刻していくのはもってのほかです。
  • 面接の為に、早めに到着し、リラックスし、考えを整理する時間を持って行動しましょう。
  • 面接にふさわしい格好をしましょう。男性はスーツにネクタイ、女性はスカート、もしくはパンツスーツを着るといいでしょう。
  • 脱いでもいいと言われるまで、上着は着ておきましょう。
  • 面接官が入室した際は、座ったままだと失礼にあたりますので、起立しましょう。
  • 面接官が先に座ったのを確認してから、座りましょう。
  • 何が起こっても面接中は、礼儀正しく、前向きな姿勢でいましょう。
  • 面接の際に固く握手を交わし、まっすぐ相手の目を見ましょう。
  • 相手があなたのレジュメを持っていたとしても、名刺を渡しましょう。
  • 面接の際に、デスクにある物や、面接官からもらった名刺をいじくりまわさないようにしましょう。面接官から受け取った物は全てデスクの上に置いておきましょう。
  • 面接の前後、最中絶対に喫煙しないようにしましょう。
  • 面接の前に、ガムは捨てましょう。
  • 面接の際は、携帯電話の電源を切っておきましょう。
  • 前職と比べたり、見下したりしない様にしましょう。
  • 新しい企業での仕事に興味と熱意を示しましょう。
  • 過度な自信や野望を示すのはやめましょう。
  • 仕事で成功したいという気持ちを示しましょう。
  • 過度に攻撃的、保守的になるのはやめましょう。
  • 自分自身に、また自分の業績に自信を持ちましょう。
  • 「はい」、「いいえ」等一つの単語で答えるのはやめましょう。常に話を繋げる努力をしましょう。
  • 自分の回答を2分以内に終わらせる様にしましょう。
  • 企業や、自分が就くポジションに対して質問をしましょう。
  • 二次試験まで、給料や休暇について聞くのはひかえましょう。
  • 面接を行ってもらった事に対しての感謝の意を示しましょう。
  • 面接会場を去る前に、面接官と握手をしましょう。